何をいう

robotch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:観る( 6 )

天日坊

松本大歌舞伎「天日坊」を観に行ってきました。
コクーンから続く公演での大楽。
クドカンさんくるかなー・・・とひそかに期待したりして駅界隈で所用を足してから芸術館へ。

駅から芸術館へ向かうと「祝襲名」と「天日坊」ののぼりがびっしりかかっていて街は歌舞伎一色、という印象。
こういうの、都内ではありえないのだろうか。
b0042512_2257612.jpg

岩波、笑亀、大信州、笹の誉・・・地元の酒屋さんの樽が並んでます。

b0042512_2257785.jpg

エスカレーターを上るとお練のときのおみこしと人力車。
新潟行ってて見られなかったんだよな・・・見たかったな。
市民と役者さんの距離の近さ、好きな雰囲気です。

お祭り広場もオープン。
b0042512_2257777.jpg

大道芸もやっていてにぎやか。
オリジナルの手ぬぐいや地元名店の出店もあり、お財布の紐が緩みます。
手ぬぐいとあをぐみのタオル、シュテルンのケーキを買いました♪
終演後は串田さんがマイクをとって広場を盛り上げていた様子でした。

b0042512_2257712.jpg

隈取り弁当・・・量が多かったけど、丁寧に作られていておいしかったです。

そして、開演。
もともと長かった脚本をかいつまんで物語はテンポよくすすみます。
歌舞伎初心者には嬉しい見栄を切る場面も多く前回の「佐倉義民傳」より歌舞伎の雰囲気を味わいやすかった。
串田さんらしく楽しい演出も多くて長丁場も飽きずに楽しめました。
役者さんたちの熱演は言うに及ばず。

アンコールでは光るスティックが観客へ配られお祝いの横断幕が。
暗い客席で光るスティック、すごくキレイでした。

アンコールで現れた役者さんがた、市民トランペッター、そして「ありがとう松本」の垂れ幕とクラッカー。
観客達の光。
鳥肌が立ちました。

串田さんが現れみなさんから舞台挨拶をしていただけました。
勘九郎さんの挨拶のときに父へのご声援ありがとうございます、ということで勘九郎さんの音頭で
観客全員で「勘三郎さんがんばって!!!」

すると舞台中央の奥の幕が開き勘三郎さんが・・・と思いきや舞台袖からひょっこり出て見えました。
入院中とみんなで案じていたのでまさかまさか、
でも勘三郎さんがしゃべってる。

終盤木曽義仲がちらりと現れ消えていく場面でおやっと思ったのですが・・・
なんとなんとそれが勘三郎さんでした。

感動のあまり涙が出てしまいました。
本当に松本を好いていてくださったんだなぁ。
次はまた松本で復帰公演になるといいな。
お待ちしてます。
b0042512_2257747.jpg

すごーく楽しかった。
うちわとスティックもって、汗だくになりながらうきうきと帰りました。
[PR]
by 1009robotch | 2012-07-18 22:57 | 観る | Comments(4)

熊さんを観に

ママ仲間と、「バレエ観たいよね、熊川とか♪」と計画を立て始めること半年・・
週末に、念願かなって観に行ってきました。

渋谷ヒカリエでウインドーショッピングして・・・
b0042512_737319.jpg

ヴィロンでパン食べて・・・
b0042512_7373175.jpg

パンとコーヒーでしゃべるしゃべる。
バゲットおいしかった~
b0042512_7373127.jpg

しゃべり続けつつ上野へ移動。

演目は「海賊」。
男性ダンサーが多いので迫力があって2時間あっという間でした。
b0042512_7373171.jpg

熊川氏、オーラ出まくりでさすがのスターっぷりで。
常々「オレ様」感にどうよ、と思っていたのだけど、文句のつけようなし。
こういうスターがいるって、バレエ界にとってすごくいい事だなぁと思いました。
この日が公演最終日だったので、カーテンコールも多めで、ちょっとテンション上がっちゃいました。

堪能しました~
[PR]
by 1009robotch | 2012-06-27 07:37 | 観る | Comments(2)

THE BEE

b0042512_1126549.jpg

野田MAP番外編、THE BEEを観に行ってきました。

やりきれない内容の話でしたが、
キャストの肉体を存分につかった芝居ならではの要素がたくさん取り込まれ、一時間程度と短いながら満足の濃厚さでした。

後半の「むしりあい」の場面は間延びするほどの演出でやりきれなさ感がじわじわ。

野田さんの芝居は初めてでしたが、勝手に抱いていた物静かで理知的なイメージは裏切られ、ダンサブルでクレイジー、衝撃の180度開脚にもびっくり。

宮沢りえちゃんの美しい体に惚れぼれ、スローモーションでは良く鍛えてあるなぁ、と関心。おない年で一方的に長く知っているのでこちらも勝手に抱いていた親近感により「やっと会えたね」感もあって、つい目がいってしまいました。

コンドルズ公演以来数ヶ月ぶりの近藤さんも特にオゴロの場面で役者さんぶりがはじけていて踊り続けていない姿も素敵でした。

松本にいながらにしてこのハイクオリティを生で観られる幸せ。
興奮しました。

野田さん、思わず次回の公演EGGもチケット取ってしまいました。
[PR]
by 1009robotch | 2012-06-16 11:26 | 観る | Comments(0)

ネコの星

b0042512_23364550.jpg
あをぐみが広告担当だと聞いて、決心。
観に行ってきました、TCアルプ「ネコの星」。

保育園で「グリムグリムグリム」はみせてもらっていたのでしゃれた演出や実力は承知していて。
もともと観に行きたいなーと思ってナナを誘ったりしていたんだけどあっさり断られたり、
オットが泊まりで留守だったりで諦めかけていたのでした。

へどもどと申し出てみるとキッズはオットの両親が遊んでいてくれるというので・・・(感謝!!!)

ほんとにいそいそ、おーわたちと待ち合わせて行ってきました。
ヤギくんは四公演すべて観たと言うことで。
私の行った最終の公演は満員も満員、可能な限り(詰めたりとか)すべての席、超満員

これはテンション上がるよね、と、めいっぱい期待しての開演。

面白かったのです。すごく。
長台詞、
場面転換、
みんなが複数の役で、キャラが立ってたり
照明、
ブルース、
真剣勝負。
汗。

演劇はだから楽しいんだ!
と思うことがすべて詰め込まれていたんじゃないかな?
と思うほど。

アイディアがあふれていて
しゃれていて
ちょっと懐かしくて

観終わったあと自分の中にいっぱい言葉があふれてくるけど、
声に出すと陳腐な感想になってしまう。

楽しかった。
面白かった。
きれいにできすぎていないところもよかった。
もっといろいろなやり方がある、だから次の公演も観たくなる、わくわくする演劇でした。

ネコガールズののんきな会話が大好きでした。

パワー出ました。
次も早く観たいです。
[PR]
by 1009robotch | 2012-03-06 23:36 | 観る | Comments(0)

オペラ「魔笛」

日曜に、市民オペラ「魔笛」を、ナナと2人で観に行ってきました。
(オットとイブは雪遊びへ)

12月に松本幸四郎@AMADEUSを観て・・・
達者な芝居とともにモーツアルトに感動して
白井晃さんが演出だということもあり、チケットをとっておいてみたのでした。

するとナナのピアノの先生が市民合唱団として参加するとのこと。
ナナも「観てみたい」というので、ナナ、オペラデビューです。

先生にお祝いのお花。
ナナがメッセージを書きました。
b0042512_19155035.jpg

白井さんの演出ということで演劇的な要素が強めの、
楽しい、親しみやすいオペラでした。

もともとが大衆オペラなので、
ご当地感も
華美でない衣装も
手作りの小道具も(パパゲーノの鈴は松ぼっくりでできてた)
すごくしっくり。
モーツァルトもシカネーダも草葉の陰からよっしゃ!と言ってるかも。
(正統派オペラで観た事ないのだけどね)
b0042512_19155031.jpg


生オーケストラに歌、お芝居・・・
一度にあれもこれも楽しめて、すごく贅沢なものだなと思いました。

ナナは途中ちょっと飽きてしまったけど、それでも静かに最後まで観られました。
えらいなぁ。

まだ余韻中です・・・
[PR]
by 1009robotch | 2012-01-25 19:15 | 観る | Comments(0)

抜け穴の会議室

b0042512_9401250.jpg

佐々木蔵之介のteam申「抜け穴の会議室」を観に行ってきました。

大杉漣との二人芝居。
久々の観劇でドキドキ。
「実験劇場」なので舞台は目の前、客席と同じ高さ。
席は二列目。近い!

輪廻がテーマで、演出、脚本、役者、照明、音響、どれもハイレベルですごくいいものを見られました。
ちょっときれいにまとまりすぎているくらい、完璧で。

佐々木蔵之介はもちろん、大杉漣がすごくよかった!
緩急のある芝居がすごかった。

蔵之介は演出の前川さんがたとえていたとおり、しなやかで筋肉がしまっていて、鹿のようだった。
おふたりとも緊張感のある体つきがすごくきれいでした。

アフタートークもあり、蔵之介のサービス精神をすごく感じた。
きっとすごくいい人だと思う。
b0042512_9401259.jpg

すごく良く晴れた夜で、星がたくさん見えた。
自転車で行ったので、流れ星を探しながら帰った。

蔵之介も漣さんもこの星空を見てまた松本に来たいと思ってくれるだろうか。

昼間は青空に北アルプスがすごくきれいな1日だった。
蔵之介はアフタートークで「松本の山はすごい。業務用って感じ」と言ってた。
確かに今日の山の迫力はすごかった。
いい物を観せてくれた人に松本の格別な景色が見てもらえてよかったと思った。
[PR]
by 1009robotch | 2011-01-07 23:40 | 観る | Comments(2)