何をいう

robotch.exblog.jp
ブログトップ

グリルねむの木

b0042512_12523251.jpg昨夜は6月いっぱいでお店を閉めることになった「グリルねむの木」へ晩ごはんを食べに行ってきました。
このお店、松本にお店を構えて26年。ご夫婦2人で営まれて地元のお客さんたちにすごく愛されていたお店なのです。
奥さんが調理、ネクタイにエプロンのご主人が接客&喫茶を担当。このご主人の上品かつ親しみやすい笑顔が実にいい~。(奥さんは厨房で大忙しなのでよく見えない)
メニューはハンバーグ、ステーキなどのグリルが中心。ファミレスができる前のファミレス・・・という印象です。
お店の中には閉店を惜しんで常連さんたちが持ってきたお花や鉢植えがいっぱい!壁にはご夫婦の似顔絵とお礼のことばが描かれた色紙も。
後ろの席では注文して待っている子供たちがお手紙を書いていた。
26年間、同じ場所でおいしいごはんを提供すること、ほんとうに愛されてきたんだなぁ、と感じました。
あたしが注文したのはハンバーグ。セットのコーンスープがすごくおいしかったです。
[PR]
by 1009robotch | 2005-06-30 13:05 | Comments(3)
Commented by さちこ at 2005-06-30 18:57 x
名前だけは聞いたことあるな~「ねむの木」。
そんな老舗だったんだね。終わっちゃうなんてさみしい・・・;;
たくさんの人が残念がっているんだろうね・・・。
Commented by chico at 2005-06-30 22:13 x
ちとご無沙汰でした♪

26年間・・すごいなぁ。。最後にこんな風にみんなにお別れしてもらえるなんて。。
ホントいいお店なんだね~。淋しくなっちゃうね(涙)
Commented by こずえ at 2005-07-01 06:44 x
>さっちゃん ね、名前だけは、って人多いのよ。
あたしもそのひとり。
ご夫婦2人で26年、ってのがほんとすごいと思ったよ。

>chicoちゃん ご無沙汰♪(ちょっとだけね)
ほんと、この惜しまれ具合にちょっとぐっときてしまいました。
良心的なお店、ってことだったんだろうなぁ。