何をいう

robotch.exblog.jp
ブログトップ

このごろ

いぶの診察、経過がなかなかよくて、つぎは一年後でいいでしょう、ということ。
嬉しい♪

待合では一緒に外を眺めたりこちょこちょ遊びをしたりして過ごした。
エコーのときはこれまでになくくすぐったがって、先生が苦労していたけどモニターや器具がすごく気になるようでこれは?これは?と質問攻めだった。

診察までの待ち時間に飽きてしまって、「もうおうちに帰りたい」と言い出した。
それでも片時もじっとしていられなかった1~2歳の頃に比べると、採尿もカップでできて簡単になったし、待ち時間が苦でなくなった。
ずいぶん成長したなぁ。
一年後の診察のときのいぶきを想像してみたけどうまくできなかった。

この頃のいぶきは作り話をたくさんしていて、
話す事はおならとかうんちとかの下ネタばっかりで、
ちゃっかりしていて甘えん坊できかん坊。
幼児期を存分に楽しんでいるなぁ、と思う。

泌尿器科のあと、週末から私の歯の(歯茎の)調子が悪かったのでいぶに付き合ってもらって歯医者にいってきた。
私のひざの上から歯医者さんと一緒になって私の口の中をしげしげと見ていた。
親知らずを抜くことになったので、ショッキング映像もあったとおもうけど。
ここでもジャーッと水の出るコップ台や治療の器具に興味津々。
抜いた歯もばっちり見てました。

待合のぬいぐるみをふたつ、抱えてきて診察台で遊んでいた。
そのまま医院の外まで持ってきてしまっていた。
ちゃんと返しに行っていた。
歯医者の憂鬱もいぶきに気をとられてわすれてた。
[PR]
by 1009robotch | 2011-03-08 22:22 | こども | Comments(0)