何をいう

robotch.exblog.jp
ブログトップ

白川郷

b0042512_1934031.jpg

職場の旅行で、下呂温泉と白川郷へ行ってきました。

下呂温泉はぬるめのお湯なのに湯上がりほかほか、お肌すべすべ。
飛騨牛、ほうば味噌、「龍の瞳」というお米もおいしかった。
満足しました。

白川郷は
混んでました。

紅葉まであと少し、というところ。松本のほうが紅葉はすすんでいました。
豪雪イメージだけど、気温は松本のほうが低いのかも。

去り際にオットがポツリ「もうすこし神秘的な感じかと思った」
観光バス、高速道路、駐車場、お土産。
きっと以前の白川郷にはなかったもの。
世界遺産になると観光客が押し寄せ、俗っぽくなってしまうのは仕方ない。
そしてちょっと反省。
ボロブドゥールで、アルハンブラで、アユタヤで感じた違和感とおなじ。
観光は暮らしを変えてしまう。良くも悪くも。
守らなければいけないものに変化をもたらしてしまう。
こうした観光地にはいつも後味として胸が痛むのでした。

厳島神社や京都奈良、セーヌやカンタベリーみたいにもともと人が集まるところはそのままな感じだったけど。
[PR]
by 1009robotch | 2010-10-24 19:03 | おでかけ | Comments(0)